ホルモンバランス治療|木場の整体・鍼灸なら、木場駅より徒歩1分の木場中央はり灸整骨院

木場中央はり灸整骨院

  • 0338201011
  • 受付
    8:00 ~ 13:00 / 13:00 ~ 20:00
    【定休日】水曜午後・日曜・祝日

    ※ご予約の最終受付は1時間前までにお願いいたします

  • お問い合わせはこちら

ホルモンバランス治療

女性の味方の「レメディー」を知っていますか?

冷えや生理痛、肩こりなど、女性に多い不調と相性がいいのが「レメディー」。

「レメディー」は体のバランスを整えることで、女性の元気を助けてくれます。「レメディー」のことをもっと知って、健康作りに役立てましょう。

image
image
image

女性の健康に欠かせない「血」

image

当院では、「全身のバランス」を大切にしています。不調になった時は、症状にだけに注目するのではなく、体のどこかのバランスが乱れていると考えます。
そして、そのバランスに深く関係しているのが、「気」「血」「水(津液)」の三つの要素です。「気」は、気力や新陳代謝を促す力を、「血」は、血液とその働きを、「水(津液)」は、体内の水分やリンパ液など血液以外の水分を指しています。

これらの中で女性ならではの不調と関係が深いのが「血」。女性は毎月の生理で血を失うことから、もともと「血」が不足しやすくなっています。
それに無理なダイエットや生活習慣の乱れ、薄着などによる冷えが加わると更に「血」が不足したり、めぐりが悪くなってしまいます。

「血」が不足すると…冷え・生理痛・貧血・眩暈・髪のパサつき・肌のくすみなどの症状につながります。

「血」を巡らせるレメディー

「血」は全身をめぐってこそ有効に働く。「血」のトラブルには、「血」そのものが不足している場合と、「血」は足りているものの、全身を巡らす力が低下し、滞っている場合があります。「血」が滞っている状態は、疲労物質や老廃物が上手く排出されず、頭痛や肩こり、肌のシミなどに繋がります。また、「気」や「水」の流れも滞りがちになり、落ち込みやすくなったり、浮腫みやすくなることもあるのです。滞る原因は、冷えや無理なダイエット、喫煙、ストレス、運動不足など様々。

「レメディー」は、歴史ある伝統的な自然薬であり、副作用もなく、予防にも使われています。文献に残る記録では古代エジプト紀元前3000年頃にはハーブティーやハーブオイルとして使われていたり、ミイラの保存に精油が使われていた記録があります。古代ギリシャなど紀元前1700年ころにも数百種類のハーブの栽培記録や、古代ギリシャの医学の父と言われるヒポクラテスは初めて医学分野で400種類のハーブを処方したとされています。
薬草オイル(ナンバーオイル)は人体の臓器や感情の周波数まで考えられています。血液まで浸透し、また自律神経にも作用します。

image

女性の患者様が不調の改善を実感されています!

「冷えが辛くて仕方がないです。生理痛が強いのも冷えのせい?」(A子さん・30歳・会社員)

20代半ばから悪化。鎮痛剤も効かず、生理痛で寝込むことも。
解消法:冷えが強い人は基礎体温が36℃以下と低いことが少なくありません。冷えた体、特に「冷えた子宮には、一本の草も生えてこない」と言われるほど、婦人科にもとてもよくありません。フカフカのベッドのようになっていなくては。身体の外側から温かくすることは勿論のこと、体の中からは、レメディとドレナージュオイルそして高濃度のサプリメントを飲用することで変化していきます。

「避妊をやめて3年たっても妊娠しない……。婦人科の検診では問題ないのに」(B子さん・35歳・会社員)

私も夫もストレスの多い仕事。それが不妊の原因に?
解消法:妊娠には年齢や生活環境に左右されやすいもの。婦人科では異常がなくても、卵子が成熟しにくい状態になっていると、妊娠できないケースが目立ちます。特に共働きカップルは、仕事のストレスが妊娠に悪影響を与えがちです。卵子が育つのは、寝ている間なので、ストレスによる不眠や多忙による睡眠不足にも要注意です。移動時は、体に衝撃を与えないように体をいたわるようしましょう。家に帰ったらリラクッス(レメディーオイルNo6を使用)して、二人の時間を楽しむゆとりを持ちましょう。

「ストレスを抱えていて、よく眠れない状態が続いています」(C子さん・33歳・会社員)

仕事のストレスから不眠に。PMSやいつうで悩むように。
解消法:レメディーオイルとサプリメントそして生活習慣の改善で睡眠の質とリズムを取り戻しましょう。自律神経の乱れから、ホルモンの過不足が起こり、免疫力が下がってきます。安眠効果・緊張緩和・PMS・生理痛などを緩和してくれる専用のオイルを寝る前や、お仕事で緊張する場面に出くわす前後にアロマオイルを鼻から肌から浸透し効能をもたらせてくれます。

「肌の乾燥や吹き出物が、なかなか治りません。」(D子さん・28歳・会社員)

働き始めてから肌トラブルに悩まされるように。
解消法:肌は内臓の鏡。全身の不調が肌に現れます。症状だけではなく、食事や生活習慣、体調、生理のことなど話し、体に与えるストレスに気づいていただくことで、改善が速いです。そこに専用のレメディーオイルを使って鼻から肌から浸透させることで、体の内側と外側、両方からのケアが大切です。

ページトップへ戻る