忘年会シーズンについて|木場・東陽町の整体・鍼灸院なら、木場駅徒歩1分の木場中央はり灸整骨院

木場中央はり灸整骨院

  • 0338201011
  • 受付
    8:00 ~ 13:00 / 13:00 ~ 20:00
    【定休日】水曜午後・日曜・祝日

    ※ご予約の最終受付は1時間前までにお願いいたします

  • お問い合わせはこちら

健康コラム

忘年会シーズンについて

1、忘年会のシーズンといえば二日酔いが気になるところです。
一般的に二日酔いの原因といわれているのは「アセトアルデヒド」という毒性の強い物質です。
これは体内の酵素物質によって分解されますが、飲み過ぎた時は分解が間に合わず、頭痛や倦怠感、胃の不快感といった症状を引き起こしやすくなります。対策としては、飲酒前に「ウコンを飲む」「小腹を満たす」などが知られていますが、飲酒中にとんなものを食べるかも意識すると良いですね。

 

2、どんなものを食べ物が良いかというとアルコールの吸収を遅くする効果がある「脂肪分」がまずあげられます。
おつまみの中ではナッツ類に多く含まれ、特にマカナミアナッツやクルミが良いでしょう。
血液中に吸収されたアルコール濃度の急激な上昇を抑え、短時間で泥酔するなどの悪酔いを防ぎます。
また「タウリン」を含むタコやイカ、アサリ、シジミそれに「セサミン」を含むゴマは、アセトアルデヒドの分解を促進させるといわれています。

 

3、さらに「水分」とお酒をセットで取ることでアルコールの吸収を緩やかにし、肝臓の負担を減らしてくれます。
アルコールには利尿作用があるため、大量の水分が排出によって失われがちです。
体内のアルコール濃度が上がり二日酔いが起こりやすくなるのです。解消するには「できるだけ多くの水分を取ることが重要」となります。もし飲み過ぎた時には寝る前にコップ1、2杯を飲むと症状を緩和させることが出来ます。
二日酔いは辛い物でが「飲みながらだと会話が弾む」なんてこともあります。さらに「酒は百薬の長」いわれ適量なら身体に良いとされていますよね。すべてのお酒に共通するのは、リラックス効果があり楽しい時間に浸れること。また赤ワインには抗酸化作用があるポリフェノールが含まれ、老化の原因となる活性酸素を除去、血栓や動脈硬化を防ぐ効果もあるようです。

 

4、二日酔い対策に必須の食べ物としてはマカダミアナッツ、クルミ、タコ、イカ、アサリ、シジミ、ゴマ、お味噌汁も良いですね。
翌朝に不調を感じたらアサリ、シジミ、ゴマ(アセドアルデヒドが分解しきれていない場合でも頭痛や吐き気は起こります。
よって翌朝も「タウリン」「セサミン」を含む食事がお勧め。食欲が出ないときは味噌汁にして飲むと良いでしょう)、水、スポーツドリンク、チョコレート、オレンジジュース(肝臓は唐を作る部位でもありますが、アルコールを摂取することでアセドアルデヒドの分解を優先し糖分が不足しがちです。
これは低血糖症と呼ばれ頭痛などを引き起こす原因でもあるので糖分を採るのも良いです)も良いです。

ページトップへ戻る