西洋医学と東洋医学の「健康な状態」の考え方の違い|木場・東陽町の整体・鍼灸院なら、木場駅徒歩1分の木場中央はり灸整骨院

木場中央はり灸整骨院

  • 0338201011
  • 受付
    8:00 ~ 13:00 / 13:00 ~ 20:00
    【定休日】水曜午後・日曜・祝日

    ※ご予約の最終受付は1時間前までにお願いいたします

  • お問い合わせはこちら

健康コラム

西洋医学と東洋医学の「健康な状態」の考え方の違い

現代西洋医学では、「健康とは心身がある一定の状態に保たれていること」と考え、そこから外れたら「病気」であるという概念が根底にあります。つまり、検査数値が正常値で一定であることが「健康」であり、外れたら「病気」ということになります。

また、現代西洋医学では、「人体は様々な器官の集合体」であると考えるため、病気がある部分を細分化して探り、病巣を取り除くという治療法のため、検査により、数値が異常になっている部分に病気があると考え、診断や治療につなげています。

「健康診断」や「人間ドック」などの検診では、脈拍や血圧、血糖値、心電図など、数値化や映像化したデータをとり、その数値で「健康」かどうかを判定します。検査の結果、数値に異常が見つかった場合は、数値を正常値に戻すための、投薬などの治療が行われます。

一方東洋医学では、「健康とは心身が環境に応じて、絶えず変化しながらバランスを取っている状態」であり、何らかの理由で変化が停滞し、バランスが崩れると、「病気」が生じると考えます。

また、東洋医学では「人体は全身が関連するひとつの有機体」であると考えるため、病巣に注目するのではなく、病巣を含む全身の状態に注目します。四診(望診、聞診、問診、切診)を駆使して観察することで、バランスが崩れている部分を探り出し、治療方針を打ちたてます。また、自覚症状に重点が置かれることも東洋医学の特徴です。

ページトップへ戻る